29
Aug
最近レーシック手術クリニックのCMなどで「「レーシック手術は安全」と言われているのを聞いたことはないでしょうか。 クリニックのHPなどでも、レーシックの安全性について数多く記載されています。 では、実際にレーシック手術は安全なのでしょうか。具体的にレーシックの安全性について見ていきたいと思います。 ●レーシック手術の成功率 95%以上の人がレーシック手術に成功しています。その実績からも安心してレーシック手術を受けられると感じられるのではないでしょうか。 実際、レーシック手術中に生じた事故はほぼゼロといっていいほどです。失明した事例も日本では1例もありません。 最近は、著名人や芸能人もレーシック手術を受けたており、安全性の高さが伺えます。 ●医師のスキル アントシアニンサプリメント.clubの手術は非常に難しい一面があり、失敗や失明の危険を防ぐには、熟練した医師のスキルが必要となります。 レーシック手術に使用される設備は、自動的に角膜に合わせられるといった最新鋭の設備となっていますが、個人個人によって異なる角膜の厚さや位置などの微調整といったところに医師のスキルが活かされるのです。 もし医師のスキルが未熟で、角膜の調整を誤ってしまうと、術gの後遺症や合併症を発症させてしまうことにもなってしまいます。 クリニックを選ぶ時には、医師のこれまでの実績や症例数を確認して、よりスキルの高い医師が在籍しているクリニックで、安心して手術が受けられるようにしてください。
17
Aug
借金返済 相談の可否について 借金で首が回らなくなっているという方の中には、このまま返済し続けるか、自己破産した方が良いのか迷っている方もいるようです。 だからといって、いきなり弁護士などの法律専門家に相談するのも躊躇してしまうという方は、以下に紹介する方法で自分が置かれている状況を診断し、必要であれば専門家に相談するようにしてください。 もし家計簿をきちんとつけていたのであれば、それを準備することが望ましいことですが、もし記録していないのであれば、直近1ヶ月の収入と支出額を簡単に記録したものを用意してください。 収入から生活に必要な支出額を差し引いた額が、毎月の借金返済に充てられる金額です。 もし、毎月5万円を返済に充てられるという場合、任意整理や個人再生における基本になる36回払いを適用してみると、180万円は十分に返済できるということになります。 この時、トータルの借金が150万円であれば、任意整理や個人再生で借金を返済できますが、借金額が200万円であれば、返済不能と判断され、自己破産を検討してみると良いでしょう。 しかし、必ず自己破産を申請しなくとも対応できるケースもあります。 任意整理や個人再生であれば、48回払いや60回払いも認められるかもしれません。 現実には、冠婚葬祭、病気、怪我、家電の買い替えや修理など予定外の出費もあるため、計算して得られた返済可能額より低めの額を見積もって、返済できるかどうか考えていきます。 もし、トータルの借金額に返済能力が追い付けない場合であっても、借入先がグレーゾーン金利を適用している場合、返済額が見直されるかもしれません。 このように自己診断を行い、妥当な対応策が見つかったら、借金のトータル額、返済能力、グレーゾーン金利などを考慮しながらも、専門家からの意見を聞いてみると良いでしょう。